クリックカウンタ

WEB素材配布室で配布している、LinkCounterと連携してリンクをLinkCounterに中継させる機能があります。

blank.js
の1行目付近の、
var CounterCGI='';
var CounterTarget='';
を設定すると有効になります。

CounterCGIには、LinkCounterのcount.cgiのアドレスを設定。
LinkCounterが
http://example.com/lcount/
に設置されているなら、
var CounterCGI='http://example.com/lcount/count.cgi';
となります。

CounterTarget
には正規表現で、
LinkCounterに中継させるアドレスを設定します。
var CounterTarget='^http://www.amazon.co.jp/';
のようにするとアマゾンへのリンクをカウントできます。
先頭の「^」で、先頭一致が条件となります。
正規表現ですので、正確には「.」がワイルドカードになってしまいます。
完全に一致させたい場合は、
var CounterTarget='^http://www\.amazon\.co\.jp/';
のように「\」をつける必要がありますが、ワイルドカードでも問題ないと思います。


blank.js
を編集した場合は、
管理ツールでアイテム情報を更新しないと再構築されません。


Affiliate Item Selecterが出力したリンクをLinkCounterに中継させるのではなく、
ページ上の全リンクを捜査し対象のリンクにイベントを設定してクリック時に中継させますので注意してください。
posted by ST at 2010-10-11 01:49 | Affiliate Item Selecter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

横に並べる例

横に並べるときはinline-block使うといいです。

<div style="border:1px solid blue;width:500px;">
<script>
for(i=0;i<10;i++){
document.write('<span style="display:inline-block;margin:10px;">');
document.write('<div id="AIS_image_'+i+'" style="max-width:200px;"></div>');
document.write('<div id="AIS_text_'+i+'"></div>');
document.write('</span>');
}
</script>
</div>

<script src="http://example.com/ais/dir/0/script.js" defer="defer" charset="utf-8"></script>







posted by ST at 2010-10-11 01:33 | Affiliate Item Selecter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログサイドバーの例

大量に並べる場合、
idを設定した<div>タグを手書きで書くとめんどいので、
そんな時はスクリプトで要素を生成するといいです。

サイドバーに9個縦に並べて、
記事下に1個表示する感じの例。
↓記事下↓
<div style="border:1px solid red;">
<div id="AIS_image_0" style="max-width:200px;"></div>
<div id="AIS_text_0"></div>
</div>
↑記事下↑
↓サイドバー↓
<div style="border:1px solid blue;width:200px;">
<script>
for(i=1;i<10;i++){
document.write('<div style="margin-bottom:10px;">');
document.write('<div id="AIS_image_'+i+'" style="max-width:200px;"></div>');
document.write('<div id="AIS_text_'+i+'"></div>');
document.write('</div>');
}
</script>
</div>
↑サイドバー↑

<script src="http://example.com/ais/dir/0/script.js" defer="defer" charset="utf-8"></script>



↓記事下↓



↑記事下↑
↓サイドバー↓


↑サイドバー↑



posted by ST at 2010-10-11 01:26 | Affiliate Item Selecter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

基本的な使い方

http://example.com/ais/
に設置した場合、
http://example.com/ais/dir/0/script.js
が配信用スクリプトとなります。
事前に管理ツールでアイテム登録をしてください。
「0」の部分はグループ番号です。
グループ1を使う場合はここが「1」になります。

<script src="http://example.com/ais/dir/0/script.js" defer="defer"></script>
こんな感じのタグをHTMLに仕込んで実行します。
これは、表示位置設定用のタグが有効になった後に実行しなくては行けません。
HTMLの後ろの方(</body>の手前付近)に記述して実行するか、
「defer="defer"」にしておきます。
「defer="defer"」がついてる<script>は、ページ読み込み完了後に実行されます。

表示用のidを仕込んだタグを設置すると、その位置にリンクやタグが埋め込まれます。
「AIS_text_0」
「AIS_image_0」
「AIS_image_0_1」
の3種類のidがあります。
idを設定するタグは基本的に<div>か<span>です。(どのタグでも有効です。)
「0」の部分はアイテム番号で、「1」「2」・・・
と増やしていくと、重複せずに別のアイテムが表示できます。
アイテム番号は表示時にランダムソートされるので、
管理ツールのアイテム番号と同じ物が表示されるわけではありません。

「AIS_text_0」には、
<a href="URL">文章</a>
が埋め込まれます。
アイテム情報に「タグ」が登録されている場合は、
この位置に設定されているタグが埋め込まれます。

「AIS_image_0」には、
<a href="URL">画像1</a>
が埋め込まれます。
CSSで「width」「height」「maxWidth」「maxHeight」が設定されている場合は、
子要素の<img>にも同じ値が設定されます。
もし、画像2が登録されていて、「AIS_image_0_1」が存在しない場合は、
マウスオーバーで画像2と切り替わります。
アイテム情報に「タグ」が登録されている場合は削除されます。

「AIS_image_0_1」には、
<a href="URL">画像2</a>
が埋め込まれます。


<使用例>
グループ0にアマゾンの広告タグを10個登録しておきました。
<div id="AIS_text_0"></div>
<div id="AIS_text_1"></div>
<script src="http://example.com/ais/dir/0/script.js" defer="defer"></script>
idが「AIS_text_0」と「AIS_text_1」の<div>を設置し、
配信用スクリプトの呼び出し。
10個中2個表示のランダムローテーションになります。

↓表示↓




posted by ST at 2010-10-11 01:06 | Affiliate Item Selecter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

管理ツールの使い方

http://example.com/ais/
に設置した場合、
http://example.com/ais/admin/index.cgi
が管理ツールとなります。

管理ツールに認証機能はありませんので、
http://example.com/ais/admin/
に.htaccessなどでアクセス制限をかけてください。


管理ツールには大きくわけて、
-グループ番号選択
-新規アイテム登録
-登録済みアイテム一覧
の3つの項目があります。

[グループ番号選択]
広告タグなどのアイテムを登録してローテーションなどを行うツールですが、
複数のグループにわけて管理することができます。
番号を選んで「選択」ボタンを押すと編集対象のグループ番号を変更します。
初期状態でグループ0です。

[新規アイテム登録]
アイテム情報を入力してリストの先頭に追加します。
-URL
-文章
-画像1
-画像2
-タグ
の5項目がありますが、「URL」「タグ」のどちらかが必須項目です。
タグがある場合は、基本的に表示時には他の項目は無視されます。
タグは複数行入力可能になっていますが、改行が含まれる場合はスペースに変換されます。
タグがない場合は基本的に、
<a href="URL">文章</a>や、
<a href="URL">画像1</a>のような感じになります。
画像2が設定されている場合は、画像1と別々に表示したり、
マウスオーバーで切り替えたりできます。

[登録済みアイテム一覧]
登録済みアイテム一覧では、
登録済みアイテムの編集や削除ができます。
posted by ST at 2010-10-11 00:33 | Affiliate Item Selecter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Affiliate Item Selecter

アフィリエイト用のHTMLタグや、
URL、文章、画像などを登録していろいろできるツールです。

基本的には、
複数サイトのアフィリエイト用リンクをまとめて管理する為のツールです。

アフィリエイトでないURLやタグを登録して管理することも可能です。



使い方
ダウンロード
posted by ST at 2010-10-11 00:15 | Affiliate Item Selecter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする