楽天ダイナミックアド

やっぱ、デベロッパーIDの公開まずいようなんで、サンプルの公開停止します。
ソース:http://webservice.rakuten.co.jp/blog/2010/02/22/20100222_info2/
楽天WebサービスにはJSONPでレスポンスを返す機能がありますが、
レスポンスにデベロッパーIDが含まれますので、JSONPをクライアントサイドで処理する場合、隠すことはできません。
JSONPの使用は規約違反になると判断します。


楽天ダイナミックアドAPIのクライアントサイドアプリケーションです。

コンテンツマッチの広告ってどこの業者のも<iframe>表示だからインラインテキストの広告ってないんだよね。
ってわけだが、楽天ダイナミックアドAPI使えばサイズ自由!
ってことに気づいたんで作ってみました。

CGIなどは使わずJavaScriptのみですので、レンタルブログのファイルアップロード機能でファイルをアップすればレンタルブログなどでブログパーツとして使うこともできます。

使用するには、楽天アフィリエイトに登録し、
デベロッパーIDとアフィリエイトIDを取得する必要があります。


楽天ダイナミックアドについて
ウェブアドレスを指定すると、そのアドレスのページを解析し、
コンテンツにマッチした商品を取得できるAPIです。


楽天ダイナミックアドのコンテンツマッチについて
楽天の中の人じゃないんで間違えてるかもしれないけど、
マッチさせるページの
<meta name="keywords" />
で設定したページキーワードが重要な気がします。
いらない広告がでるようなら、<meta>から邪魔なキーワード削除すると消えるかもしれん。


重要!必ず見るように。
デベロッパーIDの公開について


設置方法はサンプルページと一緒。
サンプル
ダウンロード
posted by ST at 2009-09-07 08:49 | 楽天ダイナミックアド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。